文京区のお医者さん医師会からのお知らせ
トップページへ

予防接種

(1)予防接種を忘れずに受けよう


定期予防接種の種類が多くなり、どのような順番で受けたらよいのか、迷っている方が多いと思います。 ワクチンはそれぞれ接種できる年齢、間隔が決まっていて、接種できる時期になったら、なるべく早く受けることが大切です。 

まず、生後2か月を過ぎたら、なるべく早く「小児用肺炎球菌ワクチン」と「ヒブワクチン」の接種を受けてください。

各予防接種の説明・スケジュールは、以下のリンクをご覧ください。

文京区予防対策課

 ・子どもの「定期予防接種」

 ・子どもの「任意予防接種」


日本小児科学会 http://www.jpeds.or.jp/     
(「一般の方へ」→「予防接種・感染症」
        →「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」の.2ページ目)


(2)かかりつけ医に相談しよう


実際に接種するワクチンの種類、時期については、お子さんの状況により異なる場合がありますので、区内のかかりつけ医にご相談ください。

 >> 予防接種 指定医療機関一覧 (PDF)


(3)「みずぼうそう」 「おたふくかぜ」 ワクチンについて


任意接種の「みずぼうそう」「おたふくかぜ」のワクチンは、世界では2回接種が標準となっています。
文京区では現在文京区にお住いの方を対象に、上記のワクチンについて1回分の助成を行っています。
また平成26年10月から「みずぼうそう」ワクチンは定期接種になる予定です。

 ・ 子どもの「任意予防接種」 (文京区予防対策課)


(4)MR(麻しん風しん)接種もれについて


MR(麻しん風しん)定期予防接種の接種もれの方で、対象となる方に対して文京区区では助成を行っています。
文京区のホームページを参照してください。

 ・ MR(麻しん風しん)定期予防接種の接種もれの助成について(文京区予防対策課)

 ※ ご不明な点は 「文京保健所予防対策課」 までお問い合わせください。
    電話番号 03−5803−1834
     文京区春日1-16-21 文京シビックセンター 8F



※予防接種については、下記リンクもご覧ください。
 
 ○知っておきたい!予防接種のお話 (東京都医師会)
    http://www.tokyo.med.or.jp/counseling/inoculation/

 ○ワクチンで防げる病気について (KNOW * VPD!)
    http://www.know-vpd.jp/

 ○ 文京区における 成人対象の風しん(MR)予防接種費用助成事業