文京 区のお医者さんホーム文京区医師会の紹介文京区医師会の歴史  

文京区医師会の歴史 

(現在、書きかけの内容です。 お気づきの点がありましたらお知らせくださ い。)


文京区医師会創立まで
明治7年        「医制」が公布 江戸時代から放置されていた日本の医師のあり方がはじめて規制される。
明治18年ころ 東京に2つの医会があった。東京医会(北 里柴三郎会長、民間医師で組織)と明治医会(東大青山教授、大学・官庁関係の医師で組織)
明治26年 日本薬剤師会創立(全国921人、本郷区 27人)
明治27年 本郷薬業会創立
明治32年 大日本医会(会員3〜4千人(全国医師の 1/10)非会員の診療禁止案)設立試みるも議会で却下される。
明治34年 全国統一医会として関西より発祥する。
明治36年 関西連合医会の提唱で全国医師連合大会開 催、東京医会・明治医会も参加する。
明治39年5月 医師法公布
大正2年11月 小石川医師会創立
大正3年2月 東京十区医師会交渉会開催 本所区・麻布区・赤坂区・浅草区・下谷区・牛込区・麹町区・芝区・四谷区・小石川区が参加
大正3年3月 日本連合医師会設立
大正5年7月 東京市医師会設立準備始まる。
大正5年11月 大日本医師会創立
大正6年4月 東京市医師会設立
大正9年3月 東京市医師会 知事により正式に認可される。
大正12年6月 日本医師会として名称が改められた。
昭和5〜6年ころ 本郷医師会創立 戦前、順天堂院長の大滝先生が長期間会長をされた。
昭和17年 政府の戦時体制化促進の要請により、郡市 区医師会を廃して日本医師会と都道府県医師会の2本立てとし、医師は強制加入させられた。
昭和22年 占領軍の要請により医師会は任意加入とな る。
昭和22年8月9日 文京区医師会設立するもGHQの指導で 20日で解散となる。初代会長初田荘吉先生。

創立〜
昭和22年10月22日  文京区医師会設立総会開催
昭和22年11月28日 文京区医師会設立が許可され社団法人となる。会長は加瀬恭治先生。順天 堂産院内に医師会事務所開設する。
昭和25年 日本医大に文京区医師会事務所を移す。
昭和31年11月 本郷地区と小石川地区の医師会に分かれる。文京区医師会(300名弱) から小石川医師会(108名)が分離。
昭和38年4月20日 旧文京区医師会館(文京区千駄木1丁目)落成
平成19年 新文京区医師会館(文京区千駄木2丁目)に移る。

 

の ファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

 

一 般社団法人 文京区医師会
113-0022 東京都文京区千駄木 2-26-8
TEL: 03(3823)2216  FAX: 03(3823)5586
http://www.bunkyo-med.or.jp/bunkyouku
Copyright (C) Bunkyouku Medical Association. All rights reserved.