文京区のお医者さん医師会からのお知らせ
戻るトップページへ

夏と子どもの皮膚疾患

あせも(汗疹)

  赤ちゃんはからだの大きさに対して汗腺の数が多いので大人よりたくさん汗をかきます。あせもは、その汗による刺激で赤くなったり、汗腺がつまっておこる発疹、汗腺にばい菌が感染したりすることを言います。
  あせもの予防には、
  汗をかかせないようにすること →冷房を上手に使って快適な夏を過ごしましょう。
  汗をかいたらこまめに洗うこと →行水、シャワーなど昼間に1回でもやってあげるとさっぱりします。

 あせもの治療は?
 赤くなったり、ばい菌が感染したり、皮膚の状態を診察して合った軟膏を塗ることができますのでかかりつけ医を早めに受診してください。

赤ちゃんに冷房はいいの?
 ・赤ちゃんだって夏の暑い中では、食欲も落ちて、なかなか夜も眠れません。
 ・エアコンの吹き出し口のすぐ下には寝かさないようにする、
 ・冷やし過ぎないようにする(外気との差を5度くらいが目安)
 ・何回か換気をする
 外にも出ていっぱい汗もかき、上手に冷房を使って快適に暮らしましょう。

注意!!
 扇風機の風を赤ちゃんに直接当てては絶対にいけません。
 弱い風のようでも脱水を起こしてしまう可能性が高いので気をつけてください。

とびひ(伝染性膿か疹 )

 皮膚の傷から、黄色ブドウ球菌や溶連菌が感染して水疱や膿疱が出来、それをひっっかいた手で違うところに触って次から次へと病巣ができるので"とびひ"と呼ばれています。虫さされや、怪我など夏は皮膚に傷ができやすいので"とびひ"も夏に多く見られます。

 とびひの治療は
 肌を清潔にして抗生物質入りの軟膏を塗ります。数が多いときや拡がりが著名なときは抗生物質とかゆみ止めを数日間内服します。とびひのときは浴槽には入らずシャワー浴をお勧めします。爪も短く切って、手をよく洗うことも大切なことです。どうしてもかいてしまうようなときは、患部を包帯やガーゼで被います。

虫さされ

 夏の蚊、蜂、その他毒蛾によるものが多く見られます。夏は戸外ですごすことも多いので気をつけて欲しいものです。

蚊やブヨ、ノミなど、戸外での生活や、夕方から夜にかけての外出で刺されます。

 かゆみが強いときや、腫れがひどい場合は受診をしてください。

 その他、カミキリモドキという虫では水疱性の発疹が急に出来て驚くこともあります。蜂に刺されたらすぐに針を抜くことが肝心です。まれに刺された直後にショックを起こす人もいますので、蜂の巣には近づかないなどの注意も必要です。

 毛虫や毒蛾により発疹もあります。椿などの葉の裏に、卵を産み、その幼虫や蛾の毒毛針が飛び、その飛び散った小さな毒気針が刺さって発疹が出ます。大きな木の下で遊んだ、植木を運んだなどのことがあればこれが疑われます。

 赤ちゃんを蚊から守るには;
 網戸をつけて蚊が室内に入ってこないようにする
 蚊取り線香は煙の刺激があるので使用しない。
 蚊の多いところへ出かけない
 蚊の多い時間帯に出かけない
 長袖、長ズボンで防ぐ
 虫よけを塗る(赤ちゃんに直接スプレーしないこと)